国内外のドラマ・映画・舞台・スターについてお伝えします。

Entertainer

ハリウッドの子役 子役が出演するドラマ 子役が出演する映画 映画情報

映画ギフテッド(Gifted)子役マッケンナ・グレイスのプロフィール!日本公開の予定は?

更新日:

映画『ギフテッド/gifted』で天才少女役を演じた、マッケンナ・グレースちゃん。

子役ながらにもハリウッド女優に引きをとらない演技力で賞賛されています。

今回は若干10歳の小さなハリウッド女優マッケンナ・グレースちゃんついてご紹介します。

プロフィール:マッケンナ・グレイス

2006年6月25日生まれ(現在10歳)のアメリカ出身。

テキサス州生まれで、ロサンゼルスで家族との休暇中にオーディションを受けたことがきっかけとなり2013年、女優デビューを果たします。

その後家族でロサンゼルスに移り住み、現在はテレビドラマや映画など立て続けに出演し活躍しています。

マッケンナちゃんの代表作は2013年公開の『世界の終わり』。

 

実生活のマッケンナちゃんはどんな子?

マッケンナちゃん自身もギフテッドであるとアメリカのメディアでとりあげられているようです。

というのは、10歳という年齢で、とても賢明で演技も会話も大人と変わらないレベルなのだそうです。

 

マッケンナちゃん自身が、映画『ギフテッド/gifted』を次のように紹介しています。

「『ギフテッド/gifted』は家族についての映画です。この映画は、家族の形、大きさ、色、信念について学ばせてくれます。

一日の終わりに、あなたを愛し、あなたを気にかけるのはあなたの家族であり、それが映画の背景にあるメッセージのようなものです。」

『ギフテッド』の出演子役とツーショット!

#GiftedMovieで”ジャスティン ギルモア”メアリーの同級生に会う

*素敵な事実*

彼は実生活でギフテッド! 数学とピアノの両方で! 

映画『ギフテッド』あらすじ

7歳の天才児である姪を育てることになった男の物語。

天才児=ギフテッドを題材にしたヒューマン・ドラマ作品です。

亡き姉の子どもメアリーを育てることになったフランクは、メアリーの天才的な計算能力を活かすために高度な教育を受けさせるべきか迷います。

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのマーク・ウェブ監督、『キャプテン・アメリカ』のクリス・エヴァンス主演で、天才児のメアリーをマッケンナ・グレイスが演じます。また、世話好きなフランクの大家ロバータをオクタヴィア・スペンサーが演じています。この作品はオープニングの興行収入が3億を超えるというヒットを記録しました。

”ギフテッド”(gifted)とは?

贈り物という意味のギフト(gift)が語源で、”神や天から授かった才能を持つ人”という意味で、一般的には天才児と呼ばれます。アメリカではギフテッドの子供達のための高等教育機関が存在しています。

この映画の中では、メアリーに英才教育を受けさせようとするフランクの母(メアリーにとっての祖母)が親権を求めます。一方のフランクはメアリーを「普通」に育てたいと願った姉との約束を守ろうとします。メアリーの教育に関する意見の違いから法廷で争うところまで発展します。

この映画では、家族の絆や、ギフテッドという特別な境遇を生まれ持った子供達に限らず、子どもたちにとっての真の幸せとは何かを深く考えさせられます。

マッケンナちゃんがこれから出演する作品

マッケンナちゃんの今後、出演が決定している映画を紹介します。

最近撮影が終わり完成したコメディー『How to Be a Latin Lover / ラテンの恋人になる方法』、また、ファミリードラマ『The Long Run』と『I,Tonya』があります。

マッケンナちゃんのこれからのさらなる活躍と今後の成長が楽しみですね。

 

 

 

-ハリウッドの子役, 子役が出演するドラマ, 子役が出演する映画, 映画情報

Copyright© Entertainer , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。