国内外のドラマ・映画・舞台・スターについてお伝えします。

Entertainer

子役が出演するドラマ 日本の子役

『嘘の戦争』出演の子役は小林楓(かい)くん/年齢は?事務所はどこ?

投稿日:

小林楓くんが主人公・浩一の子ども時代を演じる『嘘の戦争』のあらすじ

幼い頃に家族全員を殺害され、事件現場を目撃してしまった浩一。

目撃情報は誰からも信じてもらえず嘘つき呼ばわりされ、その事件が父親自身の犯行だと偽りの供述で事件は解決してしまします。

大切な家族を奪った者たちへ、30年の時を経て復讐するという復讐劇ドラマです。

 

第一話から犯行当時の様子が放送されましたが、目の前で両親と弟が殺されるなんて、一生のトラウマとなる大事件です。

そんな衝撃のシーンで主人公の子ども時代を演じるのが、今話題の子役小林楓(こばやしかい)くんです。

 

 

 

小林楓くん・プロフィール

名前:小林 颯(こばやし かい)

生年月日:2005年11月12日

年齢:10歳

出身:神奈川県

身長:135.5cm

バスト:65cm

ウエスト:58cm

ヒップ:68cm

シューズ:22cm

特技:水泳・空手・体操・サッカー・スキー

事務所:CAROTTE

 

 

小林楓くん、実は芸歴多数!

かい君は大河ドラマにも出演しています。

『嘘の戦争『と同時期(現在)放送中のNHKの大河ドラマ『おんな城主・直虎』にも楓くんが出演していることをご存知でしょうか。

『おんな城主・直虎』では、現在放送中のドラマ『カルテット』にも出演する高橋一生さんが演じる小野政次の子供時代を演じています。

同時期に2本のドラマに出演ということは、現在売れっ子の子役さんということですね。

 

実は、楓くん、ホラー映画・呪怨シリーズにも出演していました。

呪怨 終わりの始まり』と『呪怨 ザ・ファイナル』としお役を演じています。幽霊の役なので、真っ白なお化粧姿での登場ですので、現在の楓くんをみて、「あの幽霊役の子だ!」とはなかなか察しがつかないですね。言われてみれば、「あ〜、言われてみれな。」位の反応は期待できそうですが。

(ごめんなさい。私自身ホラーは苦手なため写真の掲載は控えさせていただきますね。)

 

また、2013年に放送されたフジテレビ・スペシャルドラマ『ちびまるこちゃん』の実写版にもタカシ役として出演しています。メインのキャラクターというよりは、クラスメイトのちょい役だったので、他のメインキャラクター達に比べると注目度は低めだったかと思います。

 

今までは小さ目の役もきちんとこなしながら、最近特に子役としても成長し頭角を現して来ている楓くん。

以下にその他多数の出演作品をリストアップしてみます。

 

小林楓くん、出演作品を一挙公開します。

映画

自主映画「夢で逢えたら」(2011年 日本大学芸術学部)

脳男(2013年、東宝) 入陶大威(幼少期) 役

呪怨シリーズ(ショウゲート)  佐伯俊雄 役

呪怨 終わりの始まり(2014年)トシオ役

呪怨 -ザ・ファイナル-(2015年)トシオ役

未来のカケラ(2016年)- 小野寺壮太(幼少期)役

テレビドラマ

NTTドコモ 20周年スペシャルドラマ 夢の扉 特別編「20年後の君へ」(2012年 TBS) 澤田大地(幼少期) 役

TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜 第5話(2012年 フジテレビ)

スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん(2013年 フジテレビ)  タカシ 役

お家さん(2014年、日本テレビ)  米治郎 役

疾風・虹丸組 第5話(2014年 BS11) 羽黒翔丸(幼少期) 役

NHK放送90年 大河ファンタジー 「精霊の守り人」(2016年 NHK) -チャグム 役

ドクターカー(2016年 日本テレビ) 倉田健太 役

警視庁捜査一課9係 season11 第8話(2016年 テレビ朝日) 林正義 役

はぴまり〜Happy Marriage!?〜(2016年 amazonプライム・ビデオ)- 間宮北斗(幼少期)役

嘘の戦争(2017年1月10日-、関西テレビ 一ノ瀬(千葉)浩一 役(幼少期)

大河ドラマ おんな城主 直虎(2017年 NHK) 鶴丸(小野政次の幼少期)役

小林楓くん・まとめ

現在、注目度抜群の小林楓くん。

活躍の場もどんどん広がっている様子ですね。

これから子役として、また子どもからティーンへと急成長していく時期ですが、目が離せない存在の一人ですね。

 

 

-子役が出演するドラマ, 日本の子役

Copyright© Entertainer , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。